タグ

タグ:オヤツ

オヤツちょーだいな

カテゴリ:
以前はポジティブトレーニングと称して

散歩中の拾い食いを止めさせる時などに

いつもオヤツを使っていました。



が、非常に興奮しやすいジャクチは

オヤツを使うことで、図らずとも

更に興奮を煽ってしまったようで

攻撃度はちっとも収まりませんでした。



そのためトレーニング自体を止め

今ではオヤツもほとんど使いませんが、

半年程前までは、散歩中に何かを嗅ぎつけて

ソレが届かない(行けない)場所にあった場合、

ジャクチが自主的に諦めた時に限って

ご褒美のオヤツをあげていました。

 

『諦めたらオヤツ』というのを理解して、

何かを諦めるとそそくさと寄って来て

自主的にオスワリするというのが

いつの間にか定着。



ほらね、僕、諦めたよ!(ニコニコ)

そんな感じで私を見上げていました。
(と、私は勝手に理解していました)


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


しかし、そのうち段々と

特に何も無い(ように見える)時にも

オヤツを催促することが増えました。 



あれ?今、密かに何かに執着してた?

で、今、何か諦めたわけ???



何を諦めたのか結局分からなくても

あら〜、エラかったねぇ、と

お約束(?)のオヤツをあげる日々。



トレーニングでオヤツを使っていた時は

コチコチに緊張して待っていたのですが、

自主的に諦めた場合は割と穏やかなので

なんとな〜く続けていたんです。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


ところが、そのうち

「何かを諦めた時」のご褒美のはずが、

何にも無いのに、たまに振り向いては

オヤツちょーだいな

というような顔でゆっくりと近づき

単純に催促するようになりました。



まだ暑かった時期だったせいもあり、

口が開いたままそれをやるので 

デヘヘ〜

という顔にしか見えず、ついなんとなく

こちらもニヤけてしまいます。

IMG_1210_2
デヘヘ〜、そろそろ貰おっかなー。

IMG_1212_2
ムフ。オヤツちょーだいなー。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


まぁ、口角にキュッと力が入った

ストレス・スマイルではありますが、

体にはそれほど力入ってないので

比較的緊張度は低いのかな?と

希望的に観察しておりました。 



ジャクチの散歩はほとんど狩りなため

基本的に常に緊張状態。ですので逆に

自主的にオヤツを催促するのは

少し緊張が緩んでいる時のようでした。



催促すればすぐにオヤツが貰える。

この安心感が、食べ物に執着するジャクチに

良い効果があるかもなー。

そんな風に思っていたのですが、

そのうち散歩中に何度も頻繁に

催促するようになってしまいました。



そこで、催促された時に

オヤツの代わりに水をあげてみたり

しゃがんで撫でてあげたり、または

時々ドッグフードに変えましたが

ジャクチも負けずに色々な手を使って

美味しいオヤツが出てくるまで催促。

なかなか誤魔化しが効きません。 



う〜ん、このままじゃイケナイ。

どうしたものか。。。


と、しばらく結構悩んでいたのですが

そうこうしているうちに

少しずつ催促の回数も減ってきて、

今ではたま〜に催促する程度。

がと言って、緊張度が高いから

という訳でもなさそうです。 



このまま行けばもっと落ち着くかな。 

気長に付き合って行こうと思います。



<応援ポチっとお願いします>
にほんブログ村 犬ブログ 犬 問題行動へ
 

ママは時々留守が良い?

カテゴリ:
月齢2ヶ月の頃からずっと、

一人ぼっちでお留守番することが

滅多に無いジャクチ。 



うちは旦那が夜の仕事人で

私も在宅仕事なので、

少なくともどっちかが家にいます。



2人とも出かける時は、

とっておきの
噛み噛みオヤツ

をあげるため、

「どうやら2人で出かけるらしい」と察知すると

妙にウキウキしています



出かけるといっても1~2時間だし

過去最長でも6時間程度なので、

どうせすぐ帰ってくる

と思っているんでしょうが、

出かけて欲しいんか?

と思わず聞きたくなります(笑)。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


普段、ジャクチは

私のオフィスのどこかで寝ています。

基本的にだいたい私の近くにいますが、

うちは全室フリーなので

時々あちこちフラついてます。



庭に出たい時は

パティオのドアをカリカリするので、

すぐに開けてあげます。



寝たい時は好きな場所で寝る。

遊びたい時は遊べ遊べ攻撃

食事や散歩の時間になると催促にくる。



と、まぁ、いつもこんな感じなので

結構自由気ままに

やってるんじゃないでしょうか。

IMG_0877
私のオフィスのパパサン・チェアーで
起き抜けの伸びをするジャクチ

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


私だけが出かける時は、いつも

特に何も言わず淡々と準備して

サラッと玄関を出るので、

「あー、出かけちゃうんだー」とは

思っているようですが、 

幸い分離不安はほとんど無いようです。



ただし見送りには必ず来ます。



うちの玄関は大抵ガラス戸だけになっているので、

そこに前足をかけて立ち上がり

車に乗って出て行く私を見つめています。



まだ小さかった頃は、ガラス戸の向こうに

小さな頭だけがチョコンと見えてましたが、

今では、胸の下までバッチリ見えます。

毎回「成長したんだなー」などと思いつつ

私も車の中から、ついつい

愛しい姿を眺めてしまいます。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


私の留守中は

ほとんどずっと寝ているようで、

家に戻ってくるとすぐに

イソイソ

お出迎えにきますが、

寝ぼけ眼でモソモソしてます。



私も静かにしているので

酷く興奮して飛びついたりすることは

ほとんどありません。



「ただいま~」などと言う代わりに、

身体を寄せて甘えるジャクチを

そーっと撫で撫で

して挨拶しています。 


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


こうやって書いてみると

それほどストレスも無さそうな

落ち着いた環境みたいなのに、

一体どうしてうちのジャクチは

いきなり興奮して走り回ったり、

突然キレて

噛み付き攻撃をするのか。 。。



私に非が無いなどとは

間違っても思ってません。



それでも、やっぱり

どうも

納得いきません



ひょっとしたら

いつも私が居るのが良く無いのかな。

毎日ほんの数時間でも

留守にした方が良いのかな。

むしろその方が

落ち着いてくれるんじゃないか。

そんな事まで

時々思ったりしてます。


<応援ポチっとお願いします>
にほんブログ村 犬ブログ 犬 問題行動へ




散歩時の問題その2:いろいろ遭遇

カテゴリ:
散歩していると時々、をみかけます。当たり前ですね。もっともここテキサスは普段外を歩いている人は少ないんですけど、たまたま家の外の掃除や芝刈りをしていたり、UPSの配達や配線工事の人がウロウロしていたりすることがあります。

ジャクチは比較的人慣れしているので、立ち止まってもスルー出来ることも多いんですが、その時の気分や雰囲気によってはその人に目が釘付け。酷く警戒して吠え始めることも多々あります。ギャン吠えです。

いきなり吠えられたら誰だってビックリするし、当然嫌な気分になってしまいます。

IMG_3201
吠える時はこんな怖い顔をしてます。

こんな時、吠えられた側としては、飼い主が犬に対して強い口調でたしなめたり、無理矢理リーシュを引っ張ったりして止めさせることを期待するでしょう。

でも、ここで下手に叱ったり大きな声を出すと火に油を注ぐ状態になりますので、背中を軽くポンポンとしたり少し左右に揺らしたりして気をそらせつつ、落ち着いた口調で「分った、分った、知らない人がいたね。でも大丈夫だよ。もう十分だよ」などと声をかけます。

それでもまったく我関せずで吠え続ける時は、仕方ないので、ガクンとしない程度で「ほら、もう行くよー」と言いながら、グイーッとリーシュを引き寄せ歩き出します。

ちゃんと黙って私の方に来たらご褒美のおやつです。

これも本当は止めたいんですが、おやつさえもらえば落ち着いてくれることが多いので、なかなか減らせません。 


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


ジョギングしている人や、自転車スクーターに乗っている人はもっと嫌いです。突然スゴい形相で追いかけようとします。車椅子ベビーカー、小さな子供が乗るオモチャの車も苦手です。

大きな音を立てて走る大型トラックも大嫌い。これが毎週来るゴミ収集車だったりすれば一大事です。まるで『親の敵』かのような勢いでギャン吠え&突進。滅茶苦茶追いかけようとします。最悪です。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


リスにも頻繁に遭遇します。公園だと野うさぎがいることもあります。幸いヘビにはまだ遭遇していません。

リスや鳥に関してはかなりスルー出来るようになりましたが、近くを走っていればどうしても本能的に追いかけようとしますので、注意が必要です。

猫ときたらもう、天敵、ですね。

と言っても、当の猫の方はというと、犬がリーシュに繋がれているのを知っているので吠えられれば警戒しますが、結構シラーっとしてるんですよ。チラ見しながらノソノソ歩いて行ったりして。これがまたジャクチの癇に障るようです。 

とにかく、これも大興奮でギャン吠え&猛突進です。

リーシュでガクンと急激なショックがかからないように注意しながら止めますが、そんな時、小型犬のくせに引っ張る力の強いこと強いこと。半端無いです。

とりあえずの解決法は、出来る限り私が先に猫を見付けておいて、ジャクチが猫の存在に気付いた瞬間に、「エラいねー。よく見付けたねー」などと言いながら、とって置きのご褒美のオヤツ袋(普段のオヤツとは別な袋がある)をガサガサと出しはじめます。

吠えがはじめる前にするのがコツです。

しばらく噛み噛みできるタイプのものですので、食べているうちに多少は落ち着いてくれる可能性が高いです。

ここでも本当はオヤツは使いたく無いんですが、そうでもしない限り絶対に治まりません。 

オヤツでも落ち着かない場合は、結局グイーッとゆっくりリーシュを引きながら歩き出し、その場から離れるしか他に手はありません。

ため息、ため息、です。


<応援ポチっとお願いします>
にほんブログ村 犬ブログ 犬 問題行動へ

このページのトップヘ

見出し画像
×