カテゴリ:
トレーニングや訓練に力を入れてた頃、

犬に飼い主を常に意識させるためには

アイコンタクトが必須。

出来なければ教えなければならない。

そう習いました。 



そこで、陽性トレーニングに励んでいた当時、

オヤツを使ったり褒めたりしながら

私も何度かアイコンタクトを試みました。 



まず、「見て!」といって私の目を見た時に

すぐに褒める方法をやってみました。

ある程度はできるようになりましたが、

かといって反応はビミョー。



次に、手に持っているオヤツを見せ

それをを段々と私の目の前に移動させ、

オヤツへの視線の延長線上で合わせる方法。

ほら、これでアイコンタクト成功!、、、って


アホか?


たとえオヤツが私の顔の前にあっても

ジャクチが凝視しているのはオ・ヤ・ツ。

私のことなんて全っ然、見てません。



こんなんで犬とコミュニケーションが取れるとか

もっと飼い主に注意を払うようになるとか、、、

どうしても納得できませんでした。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


そもそもジャクチは以前から、普段

私の顔なんかほとんど見てません。

常に見ているのは私の手や足、体の動き。

視線はいつでも下の方です。

ジャクチが顔を見上げる時と言えば

彼が何かを訴えたい時だけ。。。

なんとも一方通行です。



でも、こんなだからやっぱり

上手くコミュニケーションできないのかな。

そう思ってはじめた訓練でしたが、

目を見つめられると怪訝そうなジャクチ。



っていうか、そもそも犬同士では

直視するのは威嚇じゃなかったっけ?



無理に視線を合わせることに価値を感じられず

結局早々に止めてしまったんですが、

なんとなく悶々としているある日、

ムツゴロウ動物王国の石川さんのブログで

こんな記事に出会いました。 



石川さんによると、小型愛玩犬など中には

飼い主の目をみつめるタイプの犬もいる。

でも犬は人間の声、動き、指先の変化だけで

ちゃんと状況判断できるんだというお話。 



あぁ、やっぱり(安堵)



ジャクチをみる限り、そうとしか思えなかったため

妙に感動してしてしまいました。

心にストーンと落ちた気がしました。



ということで、

うちではアイコンタクトは教えていません。

訓練はまったく無意味と考えています。

IMG_0559
オヤツくれーって時はアイコンタクト。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


さて、フードボウル厄落とし事件から約1年。

特にここ半年ほどは、以前のジャクチに比べ

格段に落ち着いてきていまして、

噛まれたり攻撃される頻度は激減。

実は最近では、アイコンタクトすらも

少しですが増えてきました。



もちろん基本的には私の声や身体の動きを見て

状況判断していることに変わりないですが、

以前よりも私の心に近づくようになった。。。

そんな感じがしています。



<応援ポチっとお願いします>
にほんブログ村 犬ブログ 犬 問題行動へ