アイコンタクトは教えない

カテゴリ:
トレーニングや訓練に力を入れてた頃、

犬に飼い主を常に意識させるためには

アイコンタクトが必須。

出来なければ教えなければならない。

そう習いました。 



そこで、陽性トレーニングに励んでいた当時、

オヤツを使ったり褒めたりしながら

私も何度かアイコンタクトを試みました。 



まず、「見て!」といって私の目を見た時に

すぐに褒める方法をやってみました。

ある程度はできるようになりましたが、

かといって反応はビミョー。



次に、手に持っているオヤツを見せ

それをを段々と私の目の前に移動させ、

オヤツへの視線の延長線上で合わせる方法。

ほら、これでアイコンタクト成功!、、、って


アホか?


たとえオヤツが私の顔の前にあっても

ジャクチが凝視しているのはオ・ヤ・ツ。

私のことなんて全っ然、見てません。



こんなんで犬とコミュニケーションが取れるとか

もっと飼い主に注意を払うようになるとか、、、

どうしても納得できませんでした。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


そもそもジャクチは以前から、普段

私の顔なんかほとんど見てません。

常に見ているのは私の手や足、体の動き。

視線はいつでも下の方です。

ジャクチが顔を見上げる時と言えば

彼が何かを訴えたい時だけ。。。

なんとも一方通行です。



でも、こんなだからやっぱり

上手くコミュニケーションできないのかな。

そう思ってはじめた訓練でしたが、

目を見つめられると怪訝そうなジャクチ。



っていうか、そもそも犬同士では

直視するのは威嚇じゃなかったっけ?



無理に視線を合わせることに価値を感じられず

結局早々に止めてしまったんですが、

なんとなく悶々としているある日、

ムツゴロウ動物王国の石川さんのブログで

こんな記事に出会いました。 



石川さんによると、小型愛玩犬など中には

飼い主の目をみつめるタイプの犬もいる。

でも犬は人間の声、動き、指先の変化だけで

ちゃんと状況判断できるんだというお話。 



あぁ、やっぱり(安堵)



ジャクチをみる限り、そうとしか思えなかったため

妙に感動してしてしまいました。

心にストーンと落ちた気がしました。



ということで、

うちではアイコンタクトは教えていません。

訓練はまったく無意味と考えています。

IMG_0559
オヤツくれーって時はアイコンタクト。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


さて、フードボウル厄落とし事件から約1年。

特にここ半年ほどは、以前のジャクチに比べ

格段に落ち着いてきていまして、

噛まれたり攻撃される頻度は激減。

実は最近では、アイコンタクトすらも

少しですが増えてきました。



もちろん基本的には私の声や身体の動きを見て

状況判断していることに変わりないですが、

以前よりも私の心に近づくようになった。。。

そんな感じがしています。



<応援ポチっとお願いします>
にほんブログ村 犬ブログ 犬 問題行動へ
 

噛むきっかけ:穴掘り編

カテゴリ:
お隣の旦那さんはディア・ハンター。

先日、またハンティングに行ったのですが

ガレージで鹿の処理などしている時に

鹿の血を若干(?)、外庭に捨てた模様
(これは翌日確認しました)



ジャクチが気づかない訳ないですね。

それはそれは、もう

まさに気が狂ったように掘りましたよ。

IMG_0237
がるるる、、、血の匂いがする〜!



散歩に出たはずがどこにも行かず

ただひたすら怖い顔で掘りまくるジャクチ。 

そしてその横で泣く泣くジ〜ッと待つ私。

寒空の中、凍えそうになりながら、、、。



途中で「ねぇ、もう行こうよぉ」などと

さりげなく数回促したのですが

まったく聞く耳持たず。。。

この辺の土は非常に硬い粘土質なので

相当疲れていたはずですが、結局

軽く1時間は掘り続けました。

IMG_0220
いくら掘っても何も出てこないので
途中で苛立ちのあまり吠えているジャクチ。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆ 


うちの敷地内なら問題無いんですが

なんせお隣さんのガレージ前です。 

そもそも人様の庭を掘るなんて

言語道断。

後でこっそり穴を埋めることに。



犬はシトラス系の匂いは嫌いなはず!と

穴を埋めた後、その周り一面に

主にファイヤーアント駆除に使う

オレンジオイルを撒いて置きました。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


さて翌日、予想通りジャクチはその場に直行。

やっぱり匂いが嫌だったようですが、

うまく匂いを避けて、前日掘ったすぐ横を

またしても掘り始めました



途中でお隣さんが帰ってきたので

私は事情を説明して平謝り。



そんなことには目もくれず、

前日と変わらぬ勢いで、ひたすら掘ります。

いつまでもいつまでも掘ります。

1時間半経過してもまだ全力で掘ってます。



ひょっとして、壊れた?



さすがに私も凍えそうになっており、

完全にイっちゃってるようなので

強硬手段に出ることにしました。



と言っても、下手なことはできません。

ジャクチの狙っているモノを

横取りされると勘違いされると困ります。

最も効果的友好的に気をそらす方法。

それは

旦那に車で乗り付けてもらうこと!


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


実はこれは極たまに散歩時にもやってます。

興奮して長時間長距離歩いてしまった時、

車で迎えに来てもらうのです。

すると嬉々として車に乗り込むので

散歩の強制終了がスムーズです。



今回は家のすぐ裏手にいたんですが、

前庭に止めてあった車をまわして

旦那参上。

早速そそくさ乗り込む私。

普段ならすぐに一緒に乗りたがるのに、

穴からなかなか離れられません。



ジャクチもおいで〜!

行っちゃうよ〜!

何度か声をかけてみました。



ジャクチの緊張度はみるみる上昇。

しばらく悩んでいましたが、

やっと車の方にやってきました。

前足を私の膝の上でバタつかせ

乗り込もうとしています。



やれやれ。



自分ではジャンプして乗り込めないので、

いつも通り、私は助手席に座ったまま

ジャクチをひょいと持ち上げ膝の上に、、、。

が、その瞬間、

ンギャギャギャ〜!!!


 
メチャクチャ手を噛みつかれました。 

布地のしっかりした手袋をしていたので

ひどい傷にはなりませんでしたが、 

かなりガッツリ、しかも3度も攻撃



ちなみにガッと噛んで終わりではなく

噛んだままガガガッと動かすんです。

すごく痛いです。

しかも狭い車の中。ジャクチは膝の上。

身動きもとれません。 


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


それでも、とにかく、下手なことはせず

少しばかりジャクチが落ち着くのを待ち、

膝の上に腰を落として伏せたところで

車でしばらく近所をドライブ。



無事に家に戻った時はホッとしましたが、

私の心と身体は凍えたまま

しばらく落ち込んでました。


<応援ポチっとお願いします>
にほんブログ村 犬ブログ 犬 問題行動へ





噛むきっかけ:拾い食い編

カテゴリ:
何度も書いていますが、うちの近所には

どういう訳か必ず食べ物が落ちています。

しかも、かなり大胆に落ちてます。



食べかけのチキンウィングはもちろん

スナック菓子、ドーナツ、サンドイッチ

どデカイ骨からブリトー、タコス。

とにかく何でもかんでも落ちてます。



心無い人が捨てて行くんでしょうね。

大体この辺で外をフラフラ歩いている人は

車がない低所得層か怪しいガキども。

モラルのかけらもありゃしない。



中でも一番多いのはファストフード系。

ハンバーガーやフレンチフライがたんまり

袋に入ったままポーンと道に落ちてます。

これは恐らく車から投げ捨てるのでしょう。

ジャクチにとってはまさに福袋です。



大きな袋だけに私もすぐに気づきますが

ジャクチが一旦狙ったら諦めないので

そこに近づかない訳には行きません。

一応回避は試みるんですが、大抵は結局

心で泣きながら、拾い食いさせてます。 

IMG_1449
 袋ごと投げ捨てる奴ら。本当に最低です。

 ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


各家には大きなゴミ箱があり、週に一度

ゴミ収集トラックが回収していきます。 

クレーンでゴミ箱を釣り上げて

ドサーッと雑に積んで行くため、時々

バラけたゴミが置き去りにされます。 



つい先日も散歩中、ゴミ箱のすぐ横に

ソーダの缶などが汚らしく落ちてました。

そして横道にはペチャンコの茶色のかたまり。

直径25センチぐらいの円盤型の物体。。。



ん?あれは一体なんだろう?と思った直後

ジャクチがベリベリっと剥がしてみると

それは、なんと
巨大なステーキ

あまりのデカさに思わず目を疑うほど。 



マジっすか?(口あんぐり状態)

なんでそんなものが落ちてるかなー?

IMG_0155_2
写真では分かりにくいですが、相当デカイです。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


しばらくその場で食べさせましたが

そこは人様の裏庭。長居はできません。

うちまでお持ち帰り決定です。



こんな時は、いつも

持ってきてー!

と、リーシュを引いて歩こうとすると

ジャクチは理解してくれます。



立ち上がった時にステーキの半分が

地面にボロっと落ちたのですが

大きなステーキを咥えるのに必死で

それには気づいていませんでした。
(これは後で私がコッソリ回収しました)

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

前庭に着いた後はのんびり座り込み

いい加減長い間ガッツいてましたが

さすがに完食できるわけありません。

で、残りを家に持ち込もうと計画します。



塊を咥えたまま玄関に向かおうとしますが

途中で私がリーシュを止めるので

どうやっても玄関には近づけません。



拾った物は室内持ち込み禁止だというのは

知っていながら何度もトライするジャクチ。

とりあえず家の周りをグルッと回ってまた玄関へ。



私の気が変わるかも、と思ってるのでしょうか。。。

でもやっぱり無理。それじゃもう一周、、、と

結局5回も繰り返してました



途中何度かステーキを庭に埋めるんですが

一旦埋めては掘り返す、を繰り返します。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


そして最後の最後についに諦めて

ステーキを生垣の下に念入りに埋めた後、

やっと玄関の中に入ったジャクチ。



それでも若干興奮状態だったので

攻撃される可能性大でしたが、

リーシュは無事に外させてくれました。



良かった~、と安心した瞬間、

ンギャギャギャ~!!!

私の靴を思いっきり噛みつき攻撃。



痛~い、やめて~。

かなり痛いんですが、興奮させないよう

声のトーンは十分おさえて懇願。



ジャクチの頭は靴からほんの数センチ、

攻撃態勢のまま固まってます。

で、数秒後、

ンギャギャギャ~!!!

再度攻撃。



私はスニーカーを履いていましたが

上部の布を突き破るほど噛むので

しっかり血も出て青あざになりました。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


今回も、好きなように拾い食いさせ

何も言わずにひたすら食べ終わるのを待ち

気が済むまでやりたいようにさせ

自分から諦めるまで付き合ったのに、、、


やっぱり噛まれた。 




一体、どうしろっての? 


<応援ポチっとお願いします>
にほんブログ村 犬ブログ 犬 問題行動へ
 

オヤツちょーだいな

カテゴリ:
以前はポジティブトレーニングと称して

散歩中の拾い食いを止めさせる時などに

いつもオヤツを使っていました。



が、非常に興奮しやすいジャクチは

オヤツを使うことで、図らずとも

更に興奮を煽ってしまったようで

攻撃度はちっとも収まりませんでした。



そのためトレーニング自体を止め

今ではオヤツもほとんど使いませんが、

半年程前までは、散歩中に何かを嗅ぎつけて

ソレが届かない(行けない)場所にあった場合、

ジャクチが自主的に諦めた時に限って

ご褒美のオヤツをあげていました。

 

『諦めたらオヤツ』というのを理解して、

何かを諦めるとそそくさと寄って来て

自主的にオスワリするというのが

いつの間にか定着。



ほらね、僕、諦めたよ!(ニコニコ)

そんな感じで私を見上げていました。
(と、私は勝手に理解していました)


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


しかし、そのうち段々と

特に何も無い(ように見える)時にも

オヤツを催促することが増えました。 



あれ?今、密かに何かに執着してた?

で、今、何か諦めたわけ???



何を諦めたのか結局分からなくても

あら〜、エラかったねぇ、と

お約束(?)のオヤツをあげる日々。



トレーニングでオヤツを使っていた時は

コチコチに緊張して待っていたのですが、

自主的に諦めた場合は割と穏やかなので

なんとな〜く続けていたんです。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


ところが、そのうち

「何かを諦めた時」のご褒美のはずが、

何にも無いのに、たまに振り向いては

オヤツちょーだいな

というような顔でゆっくりと近づき

単純に催促するようになりました。



まだ暑かった時期だったせいもあり、

口が開いたままそれをやるので 

デヘヘ〜

という顔にしか見えず、ついなんとなく

こちらもニヤけてしまいます。

IMG_1210_2
デヘヘ〜、そろそろ貰おっかなー。

IMG_1212_2
ムフ。オヤツちょーだいなー。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


まぁ、口角にキュッと力が入った

ストレス・スマイルではありますが、

体にはそれほど力入ってないので

比較的緊張度は低いのかな?と

希望的に観察しておりました。 



ジャクチの散歩はほとんど狩りなため

基本的に常に緊張状態。ですので逆に

自主的にオヤツを催促するのは

少し緊張が緩んでいる時のようでした。



催促すればすぐにオヤツが貰える。

この安心感が、食べ物に執着するジャクチに

良い効果があるかもなー。

そんな風に思っていたのですが、

そのうち散歩中に何度も頻繁に

催促するようになってしまいました。



そこで、催促された時に

オヤツの代わりに水をあげてみたり

しゃがんで撫でてあげたり、または

時々ドッグフードに変えましたが

ジャクチも負けずに色々な手を使って

美味しいオヤツが出てくるまで催促。

なかなか誤魔化しが効きません。 



う〜ん、このままじゃイケナイ。

どうしたものか。。。


と、しばらく結構悩んでいたのですが

そうこうしているうちに

少しずつ催促の回数も減ってきて、

今ではたま〜に催促する程度。

がと言って、緊張度が高いから

という訳でもなさそうです。 



このまま行けばもっと落ち着くかな。 

気長に付き合って行こうと思います。



<応援ポチっとお願いします>
にほんブログ村 犬ブログ 犬 問題行動へ
 

噛むきっかけ:病気編

カテゴリ:
普段自由に拾い食いをさせているせいか、

たまたま運悪かったのか、ついに最近

ジャクチがお腹を壊してしまいました。



あれ?ちょっと様子が変だな?

ひょっとしてウンコも出てない?

と、すぐに異変に気づきましたが、

とりあえず2〜3日は様子見。



しかし、みるみる肛門周りが荒れ始め

地面でやたらとお尻をこするせいで

肛門の周りがおぞましく真っ黒に、、、。

お尻をそっと覗き込んだだけでも

殺気立って即攻撃態勢に入るジャクチ。

チェックすることすらできません。



そのうちフードもほとんど食べなくなり

いよいよ病院に連絡してみるも(これが水曜日)

予約が取れるのは最短でも月曜日。

翌日もう一度「もっと早く診て欲しい」と

頼みましたがやっぱりダメでした。

IMG_0062
散歩中にお尻をこっそり撮影。
汚れた肛門まわりが腫れていて痛々しい。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


具合の悪いジャクチは、いつも以上に

神経がピリピリ。

触らぬ神にたたりなし状態なんですが、

具合が悪いためやはり不安らしく

興奮状態で攻撃態勢でありながらも

妙にベッタリと寄り添ってきます。

超危険信号です。



酷い下痢で夜中も頻繁に庭に出たがり、

私たちも一晩中ほとんど寝れない状態。

翌朝早くから仕事の私が少し眠る間、

旦那が面倒をみてくれてました。。。



明け方までコンピュータに向かう旦那。

足元には、普段は居ないはずのジャクチ。

旦那が微妙に足を動かした途端
ンギャギャギャ〜!!!

叫びながら思いっきり噛みつき攻撃。

同時に旦那のうなり声も響きわたり

私は慌ててベッドから飛び起きました。



不幸にも旦那は靴を履いておらず

足の小指の爪が半分剥がれてしまい、

大変なことになってしまいました。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


以前、オフィスチェアー編でも書きましたが

ジャクチが足元にいる時は要注意。

私は慣れているので気をつけていますが、

旦那は今まであまり経験が無い上、

寝不足で注意も散漫だった模様。



実は最近はこの状況での攻撃というのは

ほとんど無くなっていたのですが、

ジャクチも具合が悪く寝不足で

過敏になっていたんだと思います。



しかし、

一晩中寝ずに面倒みていたのに!と

ヘトヘトになっていた旦那の怒り爆発。

今度こそ手放す!

と言い出し、ホトホト困りました。



とにかく、このまま週末は過ごせない!と

朝一で慌てて獣医に電話で頼み込み

無理やり診てもらうことに、、、。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


過敏で危険だったため、病院では

生まれて初めてのマズルを使用。

私が一時的に診察室を出ている間に

アシスタントが付けたようですが、

ちょっとお尻周りを見られた際(多分)に

2回ほど雄叫びをあげていたジャクチ。



私が診察室に戻った時点ですでに

ジャクチは完全に固まっていました(涙)。

急患で行ったため、スケジュールの関係で

とりあえずジャクチを預けて一時帰宅。

数時間後引き取りに行きました。



診断は単なる腹下し

3種類ほどの飲み薬のほかに

肛門まわりの塗り薬も勧められましたが

お尻を覗き込むだけで殺気立っているのに

塗るなんてとてもじゃないけど無理!と

情けないと思いつつ辞退する私



本当はお尻も綺麗にしてあげたいし

薬も塗ってあげたい。でも

ここにきてまた、ジャクチの嫌がることを

私がやるわけにはいかないのです。


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


ジャクチは相当なショックだったらしく

家に戻ってからしばらく固まってました。



辛かったよね。本当にゴメンね。



可哀想なことしたと思いましたが

かといって獣医に診せない訳に行かないし

マズル無しでは危険な状態だったため

他に選択肢がありませんでした。



結局その後、ある程度まで回復するにも

たっぷり2週間以上かかりました。

今思えば、ただの食あたりでなく

食中毒だったのかもしれません。



なんとか拾い食いは止めさせたいけど、

ジャクチが見つけたモノに対しては

私がちょっとでも何か言ったり

微妙に止めさせる素振りをしただけで

すぐにカッとなって攻撃態勢のジャクチ。 

まだまだ当分はこのまま行くしかない、と

諦めるしかなさそうです。



拾い食いしても良いから

どうか悪いものは食べないでおくれ〜。 




<応援ポチっとお願いします>
にほんブログ村 犬ブログ 犬 問題行動へ
 

このページのトップヘ

見出し画像
×